Look For My Track

20代社会人で市民ランナー。当面はフルマラソン サブ2.8(2時間48分00秒切り)を目指して頑張るブログ。

スパトレイル[四万to草津]2017 に参戦しました

投稿日:

トレイルラン 大会結果

1ヶ月弱たってしまいましたが、スパトレイルなるものに参戦してきまして。
(仕事が忙しくブログを更新するモチベーションがなかった)

72kmの部門です。

「5000mのタイム向上に取り組んでます!」って宣言してるのに何してるんだって感じだと思いますが、会社のトレラン仲間と成り行きで申し込んでしまったので、はじめは泣く泣く(?)参加してきました。

ちなみに僕はこれまでフルマラソン以上の距離を完走したことがないです。
基本的にウルトラマラソンには興味がないので(長いし疲れるし)フルマラソン以下がメインなんですが、1回だけ飛騨高山ウルトラマラソンの70kmくらいの部に出たものの、40km過ぎで膝を痛めてしまいリタイアしています。

なので、今回の72kmもとりあえず完走が目的でした。しかもトレイルという要素も含まれているため無理なくいこうということで。

そんなわけで、レース内容を振り返ろうと思います。

大会前日


どんな感じで過ごしたか、もう記憶が曖昧です。
こんな感じかな。

  • 車で受付会場(群馬県中之条町)入り
  • 受付で大会指定の必携品を持っているか検査を受ける(※)
  • 大会プロデューサーの鏑木さんから大会当日のコンディション・注意事項などの説明会を受ける
  • 72kmは四万スタートのため、移動
  • 翌日は3時起きの5時スタートのため、10時就寝

(※)忘れても、会場で購入可能みたいです。

説明会の様子です。

持ち物

さて、当日です。
装備品ですが、必携品に加えて、以下を持参しました。

  • マグオン×2
  • ウイダーinゼリー×1
  • ベスパ×1(※)
  • 痛み止め(バファリン)×6錠
  • 食料(ワッフル、バームクーヘン、ランチパック)

(※)ベスパですが、初めて飲んでみましたがかなりの効力を発揮したと思います。詳細は後述。

以下、スタートからゴールまでの記録をつづりますが、写真をとる気力もないほど個人的にはキツかったので、
文章だけのそっけない記事になります。

スタート〜給水所(0〜11.3km)


午前5時にスタート。
このときは雨がけっこう強く降っていました。
(ちなみに、雨の中のトレラン大会はこれが5回中4回目・・・もう慣れっこです。)

コースマップの通り、最初の給水所までは比較的緩やかな上り坂が延々と続きます。

マップ状ではめちゃめちゃ急勾配に見えますが、実際は頑張れば走れるレベルの傾斜です。
さらにこの区間はトレイル区間ではなく砂利道中心なので、ゆっくりでも走ったほうが得策かと思います。制限時間もそんなにゆるくはないので(13時間)。
さすがにキロ5分とか6分とかで走る人は上級者だと思いますが。

僕自身は、走りと歩きを交えながらキロ8分から9分のペースでいきました。
まだまだ序盤なのでここでは飛ばすまい・・・。

70km超は自分にとっては未知の挑戦なので。

給水所〜第1エイド(11.3km〜21.9km)


最初の給水所につきました。

ここで便意を催しトイレへ。8分ほどロスしました。
まだまだ先は長いし、トイレ休憩のロスくらい大したことはない。

そんなに疲れてもいなかったので少し水を飲んで走り出しました。

給水所からは7kmほどしばらく下ります。

ここも基本的に舗装路がメインなので僕みたいにロードに慣れている人は飛ばせる区間で貯金もできそうだなと思ったんですが、さすがにこんなに序盤から飛ばすのも気が引けたので、大して飛ばさず。
舗装路って足にダメージ蓄積されるしね・・・。

大体キロ6分を切るくらいのペースで推移しました。

18km〜21kmの間はちょっと登って第1エイドを目指します。
ここまではガチトレイル区間がないので、生粋のトレイラーには物足りないかもしれないです。

第1エイド〜第2エイド(21.9km〜34.6km)


第1エイドに到着です。

さすがに20kmも走るとけっこう疲れました。最近トラックの練習ばかりしてたし、長距離耐性が落ちていたみたいです。

エイドのオレンジと、持参のパンを補給しました。

少しマップを確認してから走り始める。

この区間は最初の難所の上りが待っています。

基本的にトレイルの上りは歩きました。
というか、前にたくさん人がいるので、走れたもんじゃないです。
上りも走りたいって人はスタート直後から前の方で走る必要がありますね。

そんなこんなで登りきると、野反湖に到着しました。ここらでトレイル区間はいったん終了。

野反湖から第2エイドまで、湖を横目にミながら基本的に平坦な道が続きます。舗装路ではないので、そんなに走りやすくはなかったです。

38kmの部の会場が近づくに連れて、会場のアナウンスの声が次第に大きくなりやる気もアップ。

そして、第2エイド到着です。

第2エイド〜第3エイド(34.6km〜47.2km)


第2エイドは38kmのスタート地点ということも有り、一番大きなエイドステーションでした。

エイドのうどんとオレンジを補給して、飲み物もボトルに補給させてもらいました。

38kmの部のスタートを見送ってから、10分ほど休憩して走り始める。

ここから第3エイドまでは基本的に下りトレイルがメインで、トレイル好きの人には最高の区間だと思います。

途中で38kmの部の後方のランナーと合流し、かつコースも狭いので自分のペースで走れない時間が多かったです。
(疲れ切ってたから自分としてはちょうどよかったんだけど)

※記録を狙っている人は、38kmの部スタート(10時)の前に第2エイドを出発することをおすすめします。さもないとタイム的には大分ロスするかと。

僕はトレイルの経験はそこまでなく下りもうまく走れないため、この区間が一番辛かったです。
下りでは後ろからどんどん抜かされてしまいました。

そして42kmを超えると、フルマラソンの距離を超えた拒否反応からか、足が急激に重くなりやる気も低下。
早くもリタイアを考え始める・・・・

下りなのにまったくスピードに乗れずむしろ足への衝撃が辛くて、身体的にも精神的にも辛かったです。

高いエントリー料を払ってまでリタイアはしたくない・・・と惰性で第3エイド到着。

第3エイド〜第4エイド(47.2km〜58.7km)


第3エイドでは、初めて座り込んでしまいました。
足のいたるところが痛くて走り出したくなかったです。

とりあえず、痛みをごまかすためにバファリンを3錠投入。

そして思い出しました、ベスパの存在を。

飲んだことはなかったけど、一袋500円超の超高級サプリメント、
効かないわけがない!と効用もよく知らないまま飲んでみました。

飲むものは飲んで打つ手は打ち尽くしたので走り始めました。

この区間は、トレイルの上り下り、ロード、そしてスパトレイル第2の難関の”階段”があり、盛りだくさんの区間です。

2kmほど走って、バファリンが聞いてきたのか、間接や足の甲などの痛みを感じなくなってきました。
さらに、先程までひどかった筋肉痛もなぜか和らいでくる。。。

そして、50km過ぎから今更のボーナスステージ(ランナーズハイ)が訪れる・・・

これがヴェスパの効果なのか~~と思い込みながらガンガン飛ばしました。

コース的にはきつかったんだろうけど、僕の気持ち的には最高の区間でした。

トレイルでもハイな状態が続き、ガンガン飛ばして順位もどんどん上げていきました。

「あぁ、この区間のために俺はスパトレイルにえんとりーしたんだ・・・」ってくらいに気持ちいい区間でした。

そして気がついたら第4エイドに到着。

第4エイド〜第5エイド(58.7km〜64.5km)


足の痛みが再発してきたので、バファリンを2錠投入。先程のも合わせて合計5錠なので身体にはあまりよくなさそう。

良い調子を崩したくなかったので、第4エイドはほぼスルーしました。
第5エイドまで距離もあまりないしね。

この判断は功を奏し、第5エイドまでもいい調子で走ることができました。
だんだんとランナーズハイ終焉のときを感じながらも、走り続ける。

スタート時はとりあえず完走でいいや~~ってモチベーションでしたが、ここらへんで10時間台を意識し始めます。

第5エイド〜FINISH(64.5km〜72.7km)


第5エイドでは、飲み物が空っぽになってしまったので、ボトル2本分補給しました。

そしてボーナスステージは終了したようで、一気に身体が重くなりました・・・。

それでも残り10kmもないので、気持ちは前向きです。

なんとか足を前に出しながら、とろとろと走り続けました。

この区間は登り中心のため、長旅で疲れきった足と肺にダイレクトにダメージがきます。

トレイルの上りと下りを走り続け、ラスト1kmはロードへ出ました。
ここらへんでようやくゴールできるんだ、と安堵感が・・・。

10時間台は出せそうだったので、無理せず足を前に出すことだけを考えながら走りました。

そして、ゴール!(写真はない)

なんだかんだで楽しかった

というわけで、完走のみならず10時間台も出せたので大満足の結果となりました。

正直序盤は「やめたい」という気持ちが先行していましたが、後半になってゴールが近づくにつれて楽しくなってきました。ロングの醍醐味っすね(ロング完走は初めてだけど)。

完走率は72.1%でしたね。1)リザルト:http://www.spatrail-shima-kusatsu.jp/result2017.html
トレイル区間はそこまで多くなく(70%程度)走りやすいコースだとは思うけど、制限時間がキツめなのかな。

自分なりに、スパトレイルの留意事項をまとめてみました!

スパトレイルまとめ!

  • 必携品がけっこう多いので事前準備をお忘れなく2)必携品:http://www.spatrail-shima-kusatsu.jp/rules_4.html
  • エイドの数・内容はかなり充実している。(食料・飲料ともに)
  • エイドが充実しているため初心者(僕もですが)でもなんとかなるコース
  • タイムを狙うなら、第2エイドはスタートから5時間以内に通過すること(38kmのランナーとぶつかってしまうため)
  • トレイル率が70%程度なので、ロードメインの人には多少有利かも
  • 距離は70kmと長いが、なんとか走れる区間も多い(累積標高は3300mくらい)

そんなところです。

だいぶスピードが落ちてしまったので、また短い距離の練習がメインになりそうです。

References   [ + ]

1. リザルト:http://www.spatrail-shima-kusatsu.jp/result2017.html
2. 必携品:http://www.spatrail-shima-kusatsu.jp/rules_4.html

スポンサードリンク




スポンサードリンク




-トレイルラン, 大会結果

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

新潟シティマラソンに出走しました

久しぶりの更新。 6月にスパトレイルを走って以降も、ほそぼそと練習していました。 しかし、仕事が忙しく(言い訳だけど)、7〜9月は月間100〜150km程度の走り込みしかできず。 「今年の夏はたくさん …

かすみがうらマラソン2017 暑すぎて撃沈

かすみがうらマラソンに出走しました。マラソン再開後3本目のフルマラソンです。 古河はなももでサブスリーできなかったときのための保険レースの位置づけでエントリーしました。 今シーズンを締めくくるフルマラ …

日体大記録会 5000m1発目

日体大記録会で5000mに出場してきました。 現在、冬までに5000mを16分40秒で走れるようになるための練習をしています。 5000mで16分40秒を出すための練習プラン 上の記事でも書いています …

金沢マラソン2017

超今更ですが、金沢マラソン走りました。 結果です。 目標はサブスリーペースで行けるとこまで、だったけど、5kmで疲れて諦めました笑 さらに、7km地点で便意を催してしまい、トイレへ。。 結局5-10k …

古河はなももマラソン2017 久しぶりにサブスリー!!

第5回古河はなももマラソンのレースレポートです。 この大会で3年ぶり、社会人としては初のサブスリーを狙いに行きました。 コース コースですが、いろんな大会の中でも比較的フラットなコースで、タイムを狙い …

まだデータがありません。






にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村