Look For My Track

20代社会人で市民ランナー。当面はフルマラソン サブ2.8(2時間48分00秒切り)を目指して頑張るブログ。

プロフィール

はじめまして。shuです。
都内でサラリーマンしながら、市民ランナーとしてマラソンもやっています。

このブログでは、社会人になって初めてサブスリーを達成した後、働きながらも更なる高みを目指すために自信の練習・大会の振り返りをすることがメインとなります。
さらに、読者のみなさまに役立つようなランニング情報を発信していければと思っています。

サブスリーの次の当面の目標は、フルマラソン
サブ2.8(2時間48分00秒切り)です!

———————————————————-
僕は学生時代に一度フルマラソンでサブスリー(3時間切り)を達成しているのですが、社会人になってからはほとんど走らない日々を過ごしました。
しかし、社会人3年目の秋に一念発起し練習を積むことで再びサブスリーを達成できました。

ここでは、僕が社会人になってからサブスリーを達成するまでの軌跡を書くことで、自己紹介させていただきます。

2014年にサブスリーしたとき

2017年に社会人初のサブスリーを達成する前、最後にサブスリーしたのは2014年の「古河はなももマラソン」でした。
当時の記録は、2時間54分56秒でした。

当時は、1年を通して月間200km~300kmの練習を継続しており、フルマラソンだけでなく、ハーフマラソン(1時間17分14秒)、5000m(16分58秒)の自己ベストも出した年であり、
まさに僕のマラソン人生の全盛期でした。

当時は大学生だったので、走る時間が十分にとれていました(むしろ走ることしかやることがなかった)。

社会人1~2年目のランニングについて

さて、2014年のはなももマラソンでサブスリーを出して迎えた4月、僕は新社会人となります。

最初の半年こそ、研修期間ということもあり走る時間が確保できていましたが、入社半年後本配属となって、社蓄な日々を歩むことになります。

夜遅くまでの残業は日常茶飯事なので、走る時間も意欲も次第に低下していきました。

学生の間は好きな時間に好きなだけ走ればよくある意味楽だったのですが、社会人になってからは帰宅時間も起床時間もまばらになり、自分の好きなときに走れないことが意欲の低下につながっていったのだと思います。
「仕事で心身ともにヘトヘトになった後に走る気など起きない」、「朝は仕事に行きたくないあまりにグダグダ過ごし走る気など起きない」、そんな毎日を過ごしていました。

そして、2年目の途中、ストレスからついにタバコに手を出しました。
タバコを吸うと心肺機能が低下するって本当ですね、たまに走ってもほとんどスピードが出なくなりました。

とはいいつつ、なんだかんだで走ることが好きだった僕は、毎月50km前後の練習を続けていきました。

そんな感じでマラソンへの意欲は低いままに、社会人1~2年目を過ごしました。

転職後、マラソンへの意欲が再燃

社会人3年目。
マラソンのやる気はとっくに失われていましたが、仕事に対するやる気もほとんど失くしていました。

今思えば、仕事のやりがいはなく、残業も多かったためか、心身ともに疲弊していた時期だと思います。

そんな現状を打破しようと、とりあえず「職場環境を変えよう」と転職を決意しました。
転職活動はそこまで苦労なく終えることができました。

2016年の夏、晴れて新しい会社に入社しました。

さて、新しい会社の中途社員研修の説明会にて社内クラブ活動の宣伝があり、その中に「駅伝部」なるものがありました。
当時はいまだにタバコを吸っておりランニングもほとんどしてなかったんですが、新しい会社ということもあり知り合いを作りたかったので早速駅伝部に加入させていただきました。

加入後1ヶ月ほどして夏合宿に参加しました。
これを契機に僕のマラソンへの意欲が再燃することになります。

合宿には、その界隈ではけっこう名の知れたコーチがランニングを指導してくれるというものでした。

この日、部員のみんなで、コーチの考えたメニューの800Mインターバル走を行ったのですが、当然まったく走れず・・・。
肺が千切れそうな思いをしながらなんとか全ての本数をこなしました。

ほとんど練習を重ねていない状況下だったのでまったく気持ちの良い練習ではなかったんですが(むしろ気持ち悪い)、それでも、厳しい練習を乗り越えたことで久しぶりに「達成感」を味わうことができました。

「またランニングの爽快感を味わいたい!」

この日から、僕のマラソン熱が復活し、再び練習を重ねることになりました。

ちなみに、この日を境にタバコは一本も吸っていません!

直近4ヶ月の練習内容について

合宿を機に、新たに目標を立てました。

2016年度シーズンに3年ぶりのサブスリーを達成する!!

目標に向けて、2016年の秋以降、真面目に練習を積み重ねてきました。

距離
2016年10月 118km
2016年11月 153km
2016年12月 221km
2017年1月 253km

徐々に練習量を増やしていき、2017年1月には月間250km超えを達成しました。250kmを超えたのも数年ぶりです。

サブスリー達成を目指す大会は、最後にサブスリーを達成した大会と同じ大会の「古河はなももマラソン」に設定しました。

学生時代は避けて通ってきた30km練習も月に2回ペースで重ねることができるようになり、古河はなももでのサブスリー達成の自信を徐々に高めていきました。

フルマラソン3週間前にケガ&体調不良

2017年1月に250kmを超えることができ、2017年2月もこの調子で!と思ったのも束の間、2017年1月に腕試しで出場したフルマラソンで痛めた足がなかなか治らず2週間の休息を取ることになってしまいました。
さらに、休息後体調を崩してしまい、さらに練習ができない事態に・・・

さらに、フルマラソン前の調整と位置づけていた、2月中旬のふかやシティハーフマラソンは強行出場するものの、体調が治りきっておらず途中棄権してしまいました。

ほとんど練習を積めていないことに加えて、フルマラソン2週間前のハーフマラソン棄権が重なり、完全に自信喪失。

直前1週間の調整

とはいっても、「ここまでの約5ヶ月で頑張ってきた練習はウソをつかないはず!」と、自分を奮い立たせました。
とりあえず、本番までにまったく練習をしないのはマズイので、足の怪我は完治していないもののハーフマラソン棄権後(本番2週間前)から練習を再開しました。

本番2週間前~1週間前までは、スピード感を取り戻すためのペース走とインターバル走、
本番1週間前は、距離感を取り戻すための20kmジョグ。

そして当日までの1週間の練習は5kmジョグにとどめて、あとはひたすらサプリメントを飲んで疲労回復に徹しました。
麺類をたくさん取ってカーボローディングもしました。
正直、まったく自信はなかったのですが、やれることは全部やって当日を迎えることにしました。

そして、当日

そして、当日、古河はなももマラソンに出走。

【スタート前】
足の甲の痛み抑制のために、バファリン3錠投入。
ウイダーinゼリーを投入。

【スタート~10km】
スタート直後から身体の軽さを実感することができました、調整は大成功。
とにかく、4:08/kmを守ることに徹しました。8km地点でジェルを一本投入。

【10km~20km】
ここも4:08/kmを守ることに集中。気持ちよくなってきてもスピードは上げずに我慢我慢。
18km地点でジェルを一本投入。

【20km~25km】
だんだんと足が重くなり、ペースを維持することがきつくなってきました。
やはり2月の練習不足がたたってきました。
でも、ここでペースを落としたらサブスリーは100%あり得ないので、ペースメーカーを見つけて何とか我慢。
足の甲が痛み出してきたので、25km地点でバファリンを3錠投入。

【25km~30km】
この5kmは20~25kmに比べて楽に走ることができました。おそらく1月までの練習が効いているものと思い、走っていてうれしさがこみ上げる。

直前の5kmを我慢して良かった。

この5kmも4:10/kmペースを何とか維持。
28km地点でジェルを一本投入。

【30km~35km】
32km過ぎで、右ふくらはぎを吊ってしまいました。なんとかペースを維持しようとするものの徐々に落ちていく。
結局この5kmは22分弱かかり、一分以上ペースを落としてしまいました。

【35km~40km】
ペースは落ちだしているものの、このままいけばサブスリーはできることを確信。
35km地点で駅伝部の後輩が応援してくれ、やる気も上がりました。

が、36kmで、今度は左ふくらはぎを吊りました。さらに両の足裏も吊る。吊りの連鎖・・・ただただ辛い。。
両足吊りながらもなんとか太ももの大きい筋肉を使いながら走りました。

が、この5kmは24分かかってしまい、サブスリーに黄色信号。
40km地点で2時間50分かかっており、残り10分で2.2km・・・。

もうキロ5分でいっぱいいっぱいだったので正直あきらめかけていました。

【40km~ゴール】
しかし、
「ここでサブスリーできなかったらあと1年待つことになる、ここを目標に今まで頑張ってきたじゃないか!」

あまり熱くなるタイプではないのですが、珍しく奮起。

「あと2kmは死ぬ思いしてでも絶対サブスリーしてやる!」と、足の痛みに耐えながらも4:30/km でかけ抜ける(?)ことができました。

そしてゴール、サブスリー達成。
2時間59分46秒でした。

さすがに感無量でした。

* 最後に

以上、僕が3年ぶりにサブスリーを達成するまでの軌跡でした。

直前の練習不足もあった中達成できた理由は3点だと思ってます。

– 2016年10月~2017年1月の間で30km以上の練習を5回できたことによるベースの強化
– 1週間前の調整が成功し、当日を絶好調で迎えることができたこと
– 負けん気

1つめと2つめももちろんですが、なんだかんだで最後の負けん気が一番重要だと実感しました。

フルマラソンってその人の気持ちの強さが如実に出る競技だと思います。

そして、今回のフルマラソンは今まで走ったフルマラソンの中で一番自分の気持ちが前面に出たと思います。

この気持ちを忘れず、今後ももっと精進していきます!!

投稿日:

執筆者:

まだデータがありません。






にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村